大人気作品「女の子のココロ」の立ち読みはこちら

「女の子のココロ」その2の感想、岡田コウのエロ漫画レビュー

女の子の、妹のココロを溶かす

 

もう止まらない想いは重なり合い

 

激しく求めていく

 

これはとろっとろに感じちゃうセックスの始まり…

◇大容量40ページを無料で試し読み◇

◆◇◆登録なしで今すぐ読めます◆◇◆

「女の子のココロ」その1の復習

先日セックスをしてしまった兄妹

 

お互いにタイプではないはずなのに、何故か求めてしまう

 

母親のいない時間や合間を縫ってキスをする二人

 

そんな時、母親が週末いないことが分かると二人の間に一気に緊張感が…

 

そして母親を見送りに二人で玄関へいく。

 

母親の出た扉が閉まった瞬間…二人の溜まりに溜まった欲情が溢れ出す!

公式サイトの立ち読みはこちら

※会員登録の必要はありません

岡田コウ「女の子のココロ」その2のネタバレ

玄関の扉に妹を押さえつけたまま、兄はチ◯ポを取り出して、妹の股の間に滑り込ませる

 

妹はカラダを扉に向けたまま、顔を振り向きディープキスをする

 

ク◯をチ◯ポでこすると妹は少し喘いだ

 

そしてそのままゴムも付けずに中へと入っていく

 

自分の中へと侵入してくる兄のチ◯ポに妹は更に感じる

 

「まっ…てぇ…」

 

奥へと突き刺さしたチ◯ポを出し入れする

 

玄関に響き渡る卑猥なパンパンという音

 

まだ未成熟な小さなおっぱいの乳首をクリクリと刺激しながら激しく妹を突く

 

後ろから妹の耳を舐める

 

感じまくる妹は快感に耐えきれずカラダがずり落ちていってしまう

 

それを太い腕で支えながら、激しいピストンを繰り返す

 

妹はもはや脚に力が入っていない

 

そして遂に妹は激しくイってしまった

 

その後すぐに兄も中に入っているチ◯ポを引き抜き、イってしまった。

 

放出された精◯は妹のパンツをグショグショにしてしまった。

 

「お布団…行こ」

 

と言う妹をリビングに連れて行き、テーブルの上で妹を更に犯し始める

 

食事のテーブルに寝かされた妹は

 

「こんなところでしたら、食事の時に思い出しちゃう…」

 

と言いながら激しいオーガズムを感じている。

 

兄もそんな妹にオンナを感じながら、激しく腰を打ち付けイってしまった。

◇◆◇大容量40ページを無料で試し読み◇◆◇

◆◇◆登録なしで今すぐ読めます◆◇◆

岡田コウ「女の子のココロ」その2を読んだ感想

今回は最初から最後までセックス三昧の回でした!

 

特に良かったのはセックスをしてる時の妹の反応が可愛いところなんです。

 

反応が可愛いところを書き出してみると

  • ゴム無しで入れる瞬間
  • 口に指を突っ込まれ、その指を舐めてるところ
  • 乳首をコリコリされてるところ
  • イク瞬間
  • リビングのテーブルで犯された時の発言

これだけ可愛い瞬間があります。

 

ゴム無しで入れるところでは

 

「もう…ちょっと…」

 

っていう抑えの効かない兄にしょうがないなって感じで言っちゃうところが良いし

 

口に指を突っ込まれてる時の表情はめちゃくちゃエロいです!

 

乳首をコリコリされてる時は描写がすごく良くて、コリコリ感が生々しくて興奮しました。

 

イク瞬間はもう完全に力の入ってない妹が気持ち良さそうなアヘ顔でイっちゃってるところが最高に抜けました♪

 

そしてテーブルで犯されてる時は

 

「ばかばか!こんなとこで…ご飯の時に思い出しちゃう…」

 

っていう発言と表情がリアリティーあってめっちゃ良かったです。

 

公式サイトの立ち読みはこちら

※会員登録の必要はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です